普通の家に泊まる方法

ネット以外に広い情報網

風景

ここ最近、日本でも民泊のシステムが浸透しつつあります。民泊とは、旅行者が一般家庭に宿泊し、利用料を支払うシステムを指します。これまでの日本では、旅館法の規定が邪魔をして、普通の家庭が宿泊料を取って、人を泊めることはできませんでした。日本でも民泊を認めようという動きが出たのは、2020年の東京オリンピックを見据えてのことです。日本に数多く押し寄せる海外からの旅行者に対応するためには、民泊のシステムを取り入れることが必須だったのです。格安で一般家庭に宿泊できるシステムは、国内旅行者からも注目されています。既に、民泊サイトには問い合わせや予約の申し込みも来ています。ただ、国内の施設のネット情報は、十分とは言えません。人気のある施設は、なかなか予約が取れないということも言われています。民泊の宿を運営するのが個人が多いため、ネットを利用していない施設も数多くあるからです。格安に予約できる施設が増えたのに、情報量が少ないのは旨みがありません。しかし、格安の民泊について、情報を持っている機関は結構あります。それは、地域に特化した観光業を営む企業です。地域性が高いことで、限定的ではありますが、担当する営業圏の幅広い情報を持ち合わせています。格安の民泊の情報が、このような企業に集まるのは、経営者側に対する各種の保険も取り扱っているためです。その手の観光会社に問い合わせれば、予約が可能な宿が直ぐに分かります。

船の上で味わう非日常

レディ

東京湾クルーズの魅力はその手軽さです。東京湾を短時間でクルーズするので忙しい方でも気軽に利用できます。短時間でもあなどるなかれ、船というのは非日常的な空間なので、満足度は高く人気があります。東京湾クルーズの利用方法は大きく分けて四つ。乗船のみ、乗船してランチ、乗船してアフタヌーンティー、乗船してディナーの四つです。ファミリーに一番おすすめなのはランチクルーズです。コストパフォーマンスもよくディナークルーズの半分程度の料金で楽しめます。カップルでご利用の方でいきなりディナーは気が引ける方は、まずは乗船だけでも十分楽しいですよ。デッキに出て外の風を感じながらのクルーズは、他にはない魅力があります。いつもの見慣れた建物も海からみるととても新鮮で活力が湧いてきます。東京湾クルーズの利用時間帯は、おおむね4回に分けられています。12時からのランチ、15時からのアフタヌーン、16時台に楽しむサンセット、19時からのデイナーです。このうちアフタヌーンは50分と短めに設定されていますので、忙しいかたや少しだけ利用したい方におすすめです。東京湾クルーズの予約は電話で簡単にできます。婚礼などパーティーに使用される日もありますので利用できるか事前に確認しておくと間違いないでしょう。大雨や異常気象で安全な運航ができない場合を除いて運航可能です。服装について、心配されている方が多いのですが、特別な指定もありませんので清潔感のあるカジュアルなもので大丈夫です。

快適に過ごす

バス

旅行の交通手段として様々なものがあります。新幹線、飛行機、夜行バス、自動車などあります。そんな中でリーズナブルな交通手段の一つに夜行バスがあります。夜に出発し、寝ている間に目的地に到着するため、目的地への滞在時間も長く、また、交通費も抑えられるので人気となっています。そんな夜行バスを快適に利用するにはどうしたら良いでしょうか。まず、広い空間が確保できるかがポイントとなります。夜行バスには、3列シート、4列シートのものが多くあります。4列シートの方が隣の席との間隔が狭くなっています。しかし、料金は、3列シートに比べて安いものが多いです。そして、夜行バスに乗るのなら、1番前の席を確保することです。前の人がリクライニングで窮屈になる心配がないのです。1番前の席は人気で発売と同時に完売となってしまうことも多くあるので、予定が決まったらすぐに予約することです。また、女性の場合、隣が女の人が良いと思うことがあると思います。そういった時は、様々な夜行バス会社では、女性専用のものを運行しています。そういったものを利用すると快適に過ごすことができます。そして、長時間同じ姿勢で疲れないために、足首を動かしたり、こまめに水分を補給することも大切です。そして、夜行バス中は、乾燥しがちなので、顔の保湿をこまめに行ったり、喉のケアとしてマスクをつけたりすると目的地に到着した時、体の不調を訴えることもありません。

豪華なクルーザーで楽しむ

ウーマン

東京湾クルーズはお台場や晴海など東京湾を周遊する豪華なクルーザーに乗船しておいしい料理やドリンクが楽しめるサービスです。陽の光が爽やかなランチコースからロマンチックな雰囲気が楽しめる夕方や夜間のディナーコース、さらに船上パーティやウェディングコースまで楽しみ方や利用方法はいろいろとあります。

Read

普通の家に泊まる方法

風景

日本にも民泊の施設が増えてきましたが、その情報量は少ない状態です。ネットでの情報サイトでは、格安の宿は予約が難しい状態です。民泊の情報を的確に得るには、地域に特化した観光会社を頼ることです。民泊の経営に対しての保険も扱っている業者であれば、施設の幅広い情報を持っています。

Read

高級車に乗ってみたい

ウーマン

ベンツなどの高級車レンタカーサービスでは、オープンカーでドライブするなど普段は味わえない体験をすることができます。また、購入を考えている高級車の使い勝手を試乗ではわからない部分まで体験することもできるなど、レンタカーサービスには様々な魅力があります。

Read